2017年07月30日

紅玉の少女 黄金の青年

わはーっ!!
あたいが来たぜーっ!!
あぁっ!! 戸を閉めないでおくれ!?



いらっしゃい、お疲れ様。
どうぞくつろいでっておくれ。
さっきのは何だって?
あぁ、ほんの冗談さ。(笑)

話しは変わるが、この間とあるエレベーターで鼻と背の高い中東系のお兄さんとご一緒したんだけどね。
目的階に着いたら、お兄さんがあたいより早く『開く』ボタンを圧して、どうぞと手振りで合図するんだ。
あれはあたいの背が低いから子供だと思われたのか、はたまた“れでぃふぁーすと”か……。
お辞儀をして降りたんだけど、それよか一言「Thank you!」と告げて笑いかけりゃあ良かったね。(苦笑)
さて、ご注文を頂戴しようか。
あぃよ、冷やだね。
今日の献立は……。

2017.07.30紅玉の少女 黄金の青年1.jpg
大葉鮭飯だ。
こういう時節だし、たまにはお酢で締めたご飯ものも良いかなと思ってね。
あんたが食べてる間に話をしようか。
今夜の話題は創作作品のご紹介さ。
アニメと小説、どちらも抜群に面白いのは保証するさね!!

じゃ、まずは映像作品の紹介から行こうか。
相変わらずそれ程時間は取れてないんだけど、それでも1つ2つはアニメを見られるようになってね。
その中でもお気に入りなのがこちらだよ。


舞台となるのはレムナントと呼ばれる世界。
真ぁっ黒な体骨の様な白いマスク赤い熾火めいた目を持ち人々を脅かす『グリム』らと戦うハンツマン/ハントレスとなるために、ビーコン・アカデミーで訓練の日々を送る少年少女たちの日常・非日常を描くフル3DCGアニメーションだ。
米国産のフル3DCGアニメっていうと厳ついものを想像される方もいらっしゃるだろうけど、これは全然違う。
制作されたのが日本のアニメだのをお好きな方なようでね。
主人公の女の子たちはちゃんと可愛いし、彼女らが教師陣やライバル、前述のグリム、或いはその陰で暗躍する海千山千の悪役たちと、表情豊かにテンポの良い掛け合い激しいアクションを繰り広げるんだ。
動きの流れや大胆さはそれこそ“悪魔が哭いちゃう”ゲームばりだし、それぞれの固有の得物も「普段は大鎌だけど変形して射撃できる」みたいな感じで2〜3形態を持っているから、見ていて飽きない。
因みにあたいが特に好きなのはTV版最新話でも放映された、シーズン2のオープニング
歌のサビの部分で主人公たちが空からズダンズダダンッ!!と次々降りてきて、着地の衝撃を殺す片膝立ちに続いて敵と戦いだすシーンがたまらなく好きさ。

主人公の4人の少女はイメージカラーが明確になってて、赤黒の死神めいたゴスロリっぽい衣装を着て大鎌を携えた、勝気だけど愛嬌のあるルビー
色白で髪も衣装も真っ白、いかにも厳しそうなお嬢様だけど案外包容力もあるワイス
黒猫めいて釣り目気味で寡黙、大人びてるけれど時折年相応の繊細さを見せるブレイク
明るく前向きで面倒見のいいルビーの異母姉、髪もグローブも黄色のヤンって具合だね。
分かり易いだろ?

何々、もう4話も放送しちまったんじゃ追いつけないんじゃないかって?
ちょぉっと待った、諦めるにゃあまだ早いよ!!
実はこれ『Youtube』で公式に無料放映してるんだね。
今回TVで流してるのはシーズン1〜3までの内容を大幅カットした日本語吹き替え版だけど、ネットでならノーカットでシーズン4まで観られるんだ。
設定で画質も上げられるし、1回は10分〜20分程度だから忙しい人でも見易い
流石に吹き替え版じゃあないけど、あたいみたいに英語が不自由でも日本語字幕も付けられるから視聴に不自由しないよ。
その辺弄りたかったら、右下の歯車マークを弄ってみとくれ

さて、もう一つご紹介したいのがこちらの小説だ。


お洒落な雰囲気のある『RWBY』に対してこちらは超の付く雄々しいお話し
“なろう小説”“転生モノ”というと色眼鏡を掛けちまう人も少なかないかも知れないが、この作品はしっかりとした文体、筆致で綴られる紛れもない抜山蓋世(ばつざんがいせい)の英雄譚だ。
舞台設定や呪文などの端々から、古典は勿論、既存のファンタジー諸作品へのリスペクトが垣間見られるのも個人的には嬉しいねぇ。
さてさて内容だけど、赤ん坊から再スタートを切った主人公は、前世での反省から『一所懸命に生きて死ぬ』ことを誓う。
それを育てるのは3人の奇妙なアンデッドで――といった感じ。
大人しい顔して、実は“鍛え上げられた筋肉による暴力は大抵のことを解決する”なんて考えてる脳筋な所も魅力的だね!!

ご興味が湧いたら、まずは気軽に無料で読める『小説家になろう』版を読んでみとくれ。
文庫2巻までの内容についてはあたいはより泥臭いこちらの方が好きでね。(笑)
あと、まだ文庫化してない4巻まで出来てるし。
それで気に入ったら、是非文庫版もどうぞ
物理書籍はごつごつした油絵めいた表紙美麗な挿絵に、ウェブ版とは展開が変わった所も楽しめる。
おまけに感想の一つも送れば素敵な壁紙も頂けるからね
読了後は前向きな気分になって、格好いい呪文や台詞を真似たくなること請け合いだよ!!
おや、これって中二病かな?
普段からMoEを楽しんでるのに今更だって?
そりゃあ違いない!!(笑)

さ、今夜の話しはこれでお仕舞いだ。
お酌するからお猪口を取っておくれ。
それじゃ、あんたの日常潤いますように。
今夜もダイアロスのの下であんたと一献!!

ラベル:アニメ 小説
posted by りか at 00:00| Comment(0) | 日常の欠片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: