2017年06月10日

ああ無謀

戦うものの 歌が聞ぃこえーるか 鼓動があのドラムと響き合えば
新たに熱い 血潮が始まる 明日が来ーた時そうさ明日が



いらっしゃい、お疲れさま。
どうぞくつろいでっておくれ。
(ラジカセのスイッチを切った。)
フランスの文豪、ビクトル・ユゴーの名著『レ・ミゼラブル』って知ってるかい?
中々凄い作品でさ、大河群像劇とでもいうのかね?
革命前夜のフランスで、時代の荒波に揉まれながらも懸命に生きる人々を描いてるんだ。
あたいは生憎と1巻しか読んだことがないんだけど、帝劇だったかな?
歌劇を見てとても感動したのを覚えてるよ。
冒頭の歌はその劇中に登場するものなのさ。
ま、それはそれとしてご注文を頂戴してもいいかい?
ふぅん、たまには変わったお茶を、冷たい奴で、か……。
よし、ちょいと待ってておくれ。
ぱたぱたぱた……。
…………。
……。
…………。
ぱたぱたぱた
はい、おまちどうさん。

2017.06.10ああ無謀1.jpg
アイスピーチティーだよ。
微糖にしておいたから、足りなけりゃお砂糖はお好みで追加しとくれ。

2017.06.10ああ無謀2.jpg
主菜は鮭と大葉の混ぜご飯だ。
梅雨入りしたってのにカンカン日照りが続いてるから、さっぱりしたものがいいと思ってね。
あんたが食べてる間に少し話をしようか。
今夜の話題は『Master of Epic』の昔話だよ。

この間は、『ダイアロスの武器は消耗品だ』なんて云ったけど、実は幾つか例外も存在している。
それはペネトレイティングシューズ始祖とする追加攻撃を誘発する防具群だ。
主な目的はダメージ源になることでありながら、防具だから武器よりは長持ちする傾向がある。
色々あるよ。
鉤爪の義手のフックアタックだとか、火を噴くドラゴンヘッドだとかね。
でも、サムライ宜しく攻撃時間が長くなってカウンターを貰いやすくなる欠点もあるから、防御も割かし重要なこの島じゃ余り重用されてない。
にも拘らず、そんな中に“赦されなかった”存在があるってのはご存じかい?
そうとも、『アームボウ』だ。

超性能防具が溢れてる昨今からすれば補正は並み〜ちょっと強い程度だろうし、課金といってもたかだか100k程度で家に置かれている古惚けた防具が何故、と思われるかも知れないね。
でもこいつ、実装時に紛糾した筋金入りの問題児なのさ。
6年前の実装当初の仕様は、矢を装備して居ればアタックが当たると追加で矢が放たれる、とかそんなものだったと思う。
アタックの度に発動してダメージ源になるのは、前述の防具とさほど変わらないだろう。
問題は弓ゆえの若干の射程があったことと、その間移動可能であったこと、加えてバーサークやご飯類のダメージ上昇が乗っかったこと。
命中こそ弓スキル依存だったようだけど、クリティカルもなしに引き撃ちを容易にさせつつ、戦技100バーサーク込みなら木矢ですら40スチ矢で70近くを“おまけ”で出せたとあれば、そりゃ大問題児だとも。

で、まぁ当時の運営さんにご意見が沢山届いたんだろうね。
現在の、「追加効果なしだけど補正高め」か「追加効果ありの3タイプ」から選択できるようになった。
修正後の仕様はお得意様のメルメルさんの所に詳しいから割愛するけど、まぁ平たく云うと、「火力」と「移動可能」が共存できない様に抑えられたことで『壊れ』からは随分大人しくなって事態は沈静化したんだ。

去年登場したノアガンアームは十分強い装備だと思うけど、この系譜からは、実は聊か外れている。
移動発動可能なこと、射程があることは同じだね。
でも、固有テクニックが使えるようになるものだから、随時発動ではなく任意発動だ。
これは使うタイミングを図れる分、却って取り回しが良くなったというか、見方によってはむしろ強化点であるともいえるんだけどね。
発動時は使用者が若干ノックバックする。
これは銃器使いなら当然、メリットだ。
これだけの性能でありながら『アームボウ』と同じ轍を踏まなかったのは、一重にそのモーションと、ディレイの長さ。
連射どころか大体、1戦闘終えてやっと再使用可能ってくらいかな?
ガンアームに青いエネルギーが集中して一直線に飛び出していく様は、中々派手で格好いいんだけどね。(笑)
銃撃にしてはダメージが大人しめなのも、この評価に一役買ってるんだろう。
それなりのMPを都度消耗するデメリットもあるけど、この辺はMP回復速度の上昇と併せてとんとんかねぇ?(笑)
運営さん上手に調整されたと思うよ。

そんなこともあって攻撃性能は余り顧みられず、だけど貴重な腕部位の『常時MP回復防具』として地位を確立してるってのがノアガンアームの現在の大方の視点じゃないかな、と思う。
まぁ、毎週新しい装備が追加されてる以上、バランス調整は難しいものだろうけれど、バスだのの友好度変更機能も程よく調整されたみたいだし、今後も上手いこと舵を取って行ってくれればいいね。

さて、最後にまた投票箱を設置しておこうか。
今夜の昔話知ってたか、知らなかったか。
若し良かったら答えておくれ。


はい、ありがとう
それじゃ、今夜もダイアロスの月の下であんたと一献!!
posted by りか at 23:59| Comment(1) | 女将の昔語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さてさて。
ちょっとずつでもお返事を返して行こうかね。

> 投票して下さった皆様

おや、意外だね。
先のアンケートより時代が下ったから体験された方は多いかと思ったらそうでもないもんだ。
かといって人づてなり何なりでご存じの方自体は多いのを見ると、やっぱり大きな事件だったんだね。

この間休止されていたか、或いはその後に始められたかまでは計れないけど、いずれにしても、ご新規さんや島を再訪されてる方が結構いらっしゃるご様子なら良かったなと思うよ。(笑)
Posted by りか at 2017年06月23日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: