2017年05月01日

初夏の愛犬

涼風に 青枇杷揺れる 朝の路に 八十八夜の 足音ぞ聴く



いらっしゃい、お疲れ様。
どうぞくつろいでっておくれ。
早いものでもう5月に入ったけど、この所いいお天気が続いているね。
花粉も漸く下火になって来たから、お洗濯物をお外に干せるし、愛犬とのお散歩捗るよ。(笑)
冒頭の一首はそうした様を詠んだものさ。
意味かい?

2017.05.01初夏の愛犬1.jpg
朝の散歩道で、涼やかな風青い枇杷(びわ)が揺れている八十八夜近付いたことだなぁ

っていう歌だよ。
明日は“茶摘み”で有名な八十八夜
田んぼも入ったし、もう初夏の様相だね。
さて、そろそろご注文を頂戴しようか。
はい、冷やだね。
今日の献立は……。

2017.05.01初夏の愛犬2.jpg
小鉢は新鮮な葉生姜

2017.05.01初夏の愛犬3.jpg
主菜はすき焼き風肉豆腐だ。
さ、召し上がれ
あんたが食べてる間に、少し話をしようか。
今夜の話題はあたいの愛犬のお話しだよ。
ちょっとシモの話しも出るからその積りでお願いするさね

今年の春先愛犬が餌の減らし過ぎで痩せちまったって話をしたね。
あれから毎食62〜65g位にして、まぁ4月は生憎と咳の発作が酷かったりしてすんなりとは増えなかったんだけど、幸い回復して今ではやや痩せ気味かなってくらいにはお肉が付き始めた
背骨や肋骨も目立たなくなって多分、今は体重3kgくらい。

こないだお医者にかかった時は、まだ容体が良くないのにいつから散歩に出していいか尋ねたあたいも悪かったんだけど、お医者様には「老犬なのだからもう二度と散歩させない方が良い」「立場として止めざるを得ないけど、飼い主が若し勝手に散歩させて死んでも責任持てない」とまで云われちまってね……。(

まぁ、あっちの言い分も分かるんだけど、あたいとしてもそこまでして散歩に出したいのにはちゃんと理由があるんだ。
そりゃあ、体調不良でフラッフラな時は部屋にそっとしておくよ?
だけど、体力が回復して来た

お散歩するうんちおしっこが出る→食欲が出る体力が付く

このサイクルは間違いないと思うのさ。
だから、あたいの愛犬に限っちゃ責任は持つさね。

ま、お医者様が仰る通り愛犬16歳立派な老犬だからね。
あたいだってそれは理解してるから、当然加減はするとも。
宅内の大部分にゃカーペットを敷いたし、段差には緩やかなスロープを設えて、なるべくそこを通るように躾けてる。
愛犬のペースに合わせてなるべくゆっくり歩くし、散歩する距離だってたかだか100mあるかないか。
雨の日は当然控えるし、逆に5月でもアスファルトが焼けてることはあるからね。
地面の状態も手でペタッと触れて念入りに確認して、駄目そうなら土の庭に連れて行ってお散歩してるよ。

そうそう。
お蔭様で元気を取り戻したから、綺麗なおべべも買って来たんだ💛
是非あんたにも見て欲しくってね!!

2017.05.01初夏の愛犬4.jpg
うふふふ……ほぅら、似合ってるだろ?
まだまだ元気で一緒に居て欲しいから、お世話も毎日頑張る
それじゃ、あんたの日常が潤いますように。
今夜もダイアロスの月の下であんたと一献!!
ラベル:日記 ペット 短歌
posted by りか at 00:00| Comment(0) | 愛犬の病気と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: