2017年02月03日

お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん

いらっしゃい、お疲れ様。
どうぞくつろいでっておくれ。
まさかあれから3日間も大風が吹くとは思わなかったよ。



風が吹けば桶屋が儲かる”なんていうけれど、確かに目に砂粒が入って痛いから、洗顔アイボンが欠かせない。
早くこの風が止んでお天気も落ち着くと良いんだけどね。
さて、早速だけどご注文を頂戴してもいいかい?
あぃ、ぬる燗だね。
今日の献立は……。

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん1.jpg
くつくつくつ……。
ん、出来たね。

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん2.jpg
はい、おまちどうさん。
ぽかぽか温かすいとんだよ。
あんたが食べてる間に少し話をしようか。
今夜の話題は『お得意様ご紹介』だ。
ん? リンクは増えてないじゃないかって?
うん、それなんだけど、実は“ゲーム内のお店”のご紹介なんだよ。
まぁ、ちょっと経緯からお話しようか。

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん11.jpg
あたいはここ数年サーバーを行き来してなかったんだけど、前回ご紹介したミカエラさんにお会いして以来、急にサーバーを跨いだ交流が生まれてね。
先月も彼女に会いに行ったり、或いは逆にこちらにいらしていたリークさんと偶然お会いしてお喋りしたり……なんてことが増えた。

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん12.jpg
それで先月末、そうやってリークさんとお会いした折に、良くお世話になってるミトヤ染色屋さんに行くところだったんで、そのままご一緒して貰ったのさ。
そうしたらお店の方がたまたまいらしたから、ご挨拶と一緒に紹介のご許可も頂いたのさね

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん4.jpg
そんなわけで、今回ご紹介するのはこちら。

花びら・染色屋さん』だ。

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん5.jpg
ご住所はDiamondサーバーのAncientAgeミトヤの大樹02−40番。
ミニアルター2−6番の直ぐ傍だ。
家主は妖精さんのような小さなゴスロリもにこのGさん
あぁ、実はあたいとしたことが、お姿やキャラクター名を出していいかの許可を取り逸っちまってさ。(苦笑)
いつも通り頭文字とさせて頂いてるよ。

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん6.jpg
外観は、正面右手に洋館風のレンガ造りの邸宅、左手と邸宅の屋上がお花畑
中庭には、井戸を囲うようにして幾本かの植木微笑むスノーマンがいる。

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん7.jpg
その前庭に思い思いにおめかしした瀟洒なもにこたちのベンダーさんが、三角形を描くように立ってる。
それぞれ非課金系花びらの色に準じた恰好とお名前をされてて分かりやすいね。
三角形の底辺部分には薬つぼ染色つぼが鎮座ましましている。

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん8.jpg
更に右手側、洋館の手前にはドロドロした液体やら薬瓶薬さじといった、染色液の調合に必要な道具一式が安価に置かれていて大変便利だ。
何がしか忘れものをしても、その場ですんなり手に入るから調合が捗るってぇ寸法だよ💛
そんな訳で、染め物に困ったら是非此方をご利用しておくれ♪

今夜のおまけ

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん9.jpg
奏でるのに和装じゃなくて恐縮だけど、先月のキャンペーンで手に入れた唐伝来の雅楽器(そう)。
その形はに例えられ、弦の一本一本に<仁>、<智>、<礼>……という風に、名前が付けられているという。
因みに7弦で糸を抑える場所(勘所)によって音の高さを変える『和琴(わごん、やまとごと)』に対して、13弦(それ以上もあり)で柱(じ)という可動式ブリッジで音の高さを変えるのが『』なんだって。
演奏の際はちゃあんと膝を折るんだから、運営さんはS.I.Zモーションを有効活用してるね。(笑)

2017.02.03お得意様ご紹介S花びら・染色屋さん10.jpg
木目も綺麗だし、竜尾(向かって左端)には鮮やかな尾布があしらってある。
音に敏感な鍛冶屋のTさんは電子的だねと仰ってたけど、少なくともダイアロスに今までなかったような(みやび)な音が出るのは確かでさ。
あたいは結構気に入ってるよ♪
こいつで弾くと弾き慣れたパッヘルベルのカノンも違う曲みたいに印象が変わるから不思議だ。
暫くご無沙汰だったけど、また楽器演奏が捗りそうだよ。(笑)
それじゃ、あんたの日常が潤いますように。
今夜もダイアロスの月の下であんたと一献!!
ラベル:日記 染色
posted by りか at 00:00| Comment(0) | お得意様ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: