2016年11月26日

帯に短し襷に長し

いらっしゃい、お疲れ様。
どうぞくつろいでっておくれ。
一昨日のは凄かったけど、昨日であらかた溶けちまってよかったね。(笑)


あたいの近所でもまぁ降るわ降るわ
ずんずん積もってね。
途中で雪掻きしたもんだから今ちょっと筋肉痛なんだよ。(苦笑)

2016.11.26帯に短し襷に長し1.jpg
にも積もって紅葉が茶色く雪焼けしちまったけど、悪いことばかりじゃなくってさ。
ちょっと耳を澄まして貰えるかい?
女将がラジカセのスイッチを入れた。)


こいつは雪解け水が雨樋を伝って流れる音さ。
とっても涼やか気持ちのいい音色だろ?
さて、そろそろご注文を頂戴しようか。
はい、熱燗だね。
今日の献立は……。

2016.11.26帯に短し襷に長し3.jpg
久し振りのミネストローネだよ。
ホクホクに解れたお野菜を味わっとくれ。
あんたが食べてる間に少し話をしようか。
今夜の話題は愛犬とかあたいの日常のこまごましたお話だよ。

あたいの愛犬は"イソバイド"っていう水頭症のお薬を飲ませてるんだけどさ。
今月の初めごろに、そのあげ方を工夫したと話したね。
その後試行錯誤を続けてるんだけどどうもどちらも微妙でねぇ……。
まず前回試した赤ちゃんシリンジで直接やる手法。
食欲は維持できるけど、どうにも危なっかしい
イソバイド不味いらしくて、従順なあたいの愛犬でもそっぽを向くし、飲ませると悲鳴を上げるほどなのさ。
なるべく暴れなくするためにはどうしても回数を減らさなきゃいけないから、一度に与える量を増やす。
そうすると今度は誤嚥リスクが高まる。
まぁ、あたいの愛犬は抱っこして背を立たせてればあんまり心配いらないんだけどね。

さて、それでもう一つ考えたのが敢えてさじに垂らす手法。
試してみたら、恐る恐るながら舐めてくれてね。
愛犬自身が何を舐めてるか、おおよそ理解して舐められるのがまぁメリットかな?
暴れないからシリンジで目を突く心配もないし、どうやら誤嚥の心配もなさそうだ。
いいことずくめじゃないかって?
それがそうでもないんだよ。

やっぱり不味いのか、数滴でそっぽを向いちまう。
そのさじのまま餌を少し取ってやると餌ごと舐めるんだけど、やっぱりちょっと渋い顔でね。
徐々に餌自体をあんまり食べたくないな、という表情をするんだ。
下手をすると完全に食事が止まっちまう。
要は混ぜて与えてた以前に逆戻り、というわけさ。
ね? 帯に短し襷に長し、だろ?

前者はリスクが高過ぎるから後者にすべきだと仰るお客様も当然いらっしゃるだろうけど、後者は後者で食欲減退するとお散歩に出る活力が乏しくなっちまうからね。
そうなると排便も減って、健康の維持が難しくなるってぇ寸法だよ。
一筋縄ではいかないのがご理解頂けたかい?
本当、どうしたもんかと悩み所だよ。
あんたが若しもっといい方法をご存じだったら、ぜひ教えておくれ。

今夜のおまけ

2016.11.26帯に短し襷に長し4.jpg
天候不順天災お野菜高騰気味だから、それならと思って何度も食べられる豆苗をまた買ってみたよ。

2016.11.26帯に短し襷に長し5.jpg
これが4日後。
外周から食べ始めて、一度全部食べちまった状態だね。

2016.11.26帯に短し襷に長し6.jpg
これが5日後。
大分伸びてきた。
あと1日、2日でまた食べられるんじゃないかな?
三つ葉の様に馴染み易いのと違って、お吸い物やお味噌汁のタネにしてはやや歯応えの強い方だけど、そんなに悪くもないよ。
若し良かったらあんたも使って見とくれ。(笑)
それじゃ、あんたの日常が潤いますように。
今夜もダイアロスの月の下であんたと一献!!
ラベル:日記 ペット
posted by りか at 00:11| Comment(0) | 愛犬の病気と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: