2016年01月27日

マイコさんの再来

や、いらっしゃい。
今日から再開してるよ。



お疲れ様。
どうぞくつろいでっておくれ。
このマスクかい?
うん、どうやら治ったようなんだけどまだ保菌してるかも知れないから念の為ね。
そうそう、大相撲初場所では琴奨菊関が優勝なさったんだって?
日本人力士では10年ぶりの快挙で、しかも来る30日にご結婚されるそうじゃないか。
とってもおめでたいことだねぇ。
ご注文を頂戴していいかい?
はいよ、冷やだね。
今日の献立は……。

2016.01.27マイコさんの再来1.jpg
あさり出汁の潮らぁめんだよ。
簡単なものですまないねぇ。
あんたが食べてる間に少し話をしようか。
今夜の話題は今回の病気についてだ。

表に張り紙がしてあったろ?
あたいは『百日咳』と『マイコプラズマ感染症』をてっきり同じものだと思ってたんだけど、どうも違うものだそうでね。
まぁ、ちょいとこいつを見ておくれ。

2016.01.27マイコさんの再来2.jpg
うん、あたいは『百日咳』じゃなくて『マイコプラズマ感染症』だったのさ。
どちらもしつこい咳が伴うし処方まで似てるんだけど、マイコプラズマの方は余り重症化しないことが多いそうなんだね。
百日咳はかなり強い咳が出るのに対して、マイコプラズマ普通の風邪みたいなのと余り鼻も出ないそうで、人によっては発熱しても歩き回れることから【ウォーキング・ニューモニア】(歩き回れる肺炎)なんて異称もあるんだとか。
ま、あたいは不幸にもかなり強い症状が出ちまったんだけどね。(苦笑)

マイコプラズマっていうのは実は一昨年も罹ったんだけど、ちょっと変わった菌でね。
細胞壁がない
だけどウィルスと違って自己増殖はちゃんとできる、最小の病原微生物なんだそうだよ。
それで困るのがこのマイコプラズマ、普通の風邪薬――セフェム系抗生物質とやら――が効かない。
何故って、それらは“細胞壁の合成を阻害”するものだから。
元々ないものを妨害した所で効果がないのは当たり前だね?
そんなわけで、普段とは違うお薬が必要になるわけさね。

セフェム系が効かないってんでマクロライド系って奴を使うそうなんだけど、このマクロライド系は他の細菌に対する効きが弱い。
だからマイコプラズマなのか他の菌なのか原因特定できてないと不味いし、合併症を起こしてると尚更よくない。
他の病の原因になることも少なくないそうで、おまけに上記のマクロライド系への耐性菌も増加してると来たもんだ。
それで、あたいが頂いたお薬はこれ。

2016.01.27マイコさんの再来3.jpg
クラビットって、なんだかうさぎさんみたいで可愛い名前だね。(笑)
ニューロキノロンっていうタイプのお薬だそうで、マクロライド系のジスロマックでお腹を下しちまうあたいでも安心して飲むことが出来たさ。

罹ってる間はお店は勿論出られず、自宅の自室にほぼ軟禁状態。
患者と接触しないのが一番有効だそうでね。
ひと様に遷さないためにはうがい、手洗いが大事って言われたよ。
まさか1週間も寝込むとは思わなかったけどね。(苦笑)
あんたにもいっぱいご心配をおかけして申しわけなかったよ。
この場を借りて、お詫びとお礼を言わせて貰うさ。
ごめんね、そしてありがとう
それじゃ、いつも通りに。
あぁ、あたいは病み上がりだし甘酒でね。
あんたの日常が潤いますように。
今夜もダイアロスの月の下であんたと一献!!
posted by りか at 16:44| Comment(0) | 日常の欠片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: