2016年01月21日

103の境界線

あ痛たたたた……。
や、いらっしゃい、お疲れ様。
どうぞくつろいでっておくれ。
今日は二十四節季の一つ、大寒だ。
道理でうんと冷えるね。



何を痛がってるのかって?
ほら、一昨々日全国的に雪が降ったろう。
関西圏のお友達の話じゃ“降る降る詐欺”だったそうだけど、あたいの近所じゃしっかりと10センチ近くも積もってね。
後半は殆どになったから溶けるのは早かったんだけど、べしゃべしゃのシャーベット状になった重ぉ〜いやつを一所懸命に雪掻きしたんだよ。
それで筋肉痛になっちまってねぇ……。(泣)
痛くてたまらずロキソニンテープを貼ってるのさ。
あぁ、でも翌日には筋肉痛になったから、あたいもまだ若いのかな?(笑)
筋肉痛って歳を取るほど症状が出るのが遅くなるそうだからね。
腹筋も一杯使ったから普段よりムキムキだよ!!
……とはいっても、いつもが柔らかいから今が精々人並みで、某○イザップとは比べるべくもないし、そもそも帯の下だし恥ずかしくてあんたにゃ見せられないんだけどね。
さて、ご注文を頂戴していいかい?
あぃよ、熱燗だね。
今日の献立は……。

2016.01.21.103の境界線1.jpg
甘ぁ〜いお汁粉と。

2016.01.21.103の境界線2.jpg
焼き餅のお吸い物だよ。
鏡開きももうとっくに済んだし、かみさまにお供えしたものをあんたにも食べて頂いて、一年の健康を祈願しようと思ってね。
あんたが食べてる間に少し話をしようか。
今夜の話題は『Master of Epic』だよ。

先のチャイナドレスの検証の少し後。
あたいは件の牙酔拳聖の子で独りふらふらとエイシス・ケイブを訪れていた。
検証の直後にも腕試しに行ったんだけど、ちょっと納得が行かなくってね。
キングスロードを攻略してザブール部屋まで進撃して帰ったんだけど、衣が薄すぎたのか結構なピンチを掻い潜ることになったから、ちょっと衣装を変えて来たのさ。
何にってキョンシーローブだよ。

2016.01.21.103の境界線3.jpg
チャイナドレスがAC3.7の回避+3+3%。
酔拳聖胴着がAC5.8に対して命中は−2されちまうけど、AC4.1の防御+5があるから、チャイナドレスより幾分回避は下がっちまってもACでいえば5以上の厚みが期待できる。
腰装備は引き続き天の羽衣でダメージ軽減、守りが厚めなら少し攻撃に傾いてもいいだろうと思って、レフトトンファーも魔神の左爪MGに。
ところがこれで悲劇が起こった。
素手の通常アタックが当たらないんだよ。

あたいの牙酔拳聖は素手は100で、キック酩酊も90台後半だけど、戦闘技術強化魔法も、増してや死魔法もない。
つまり手数はあっても、命中を補佐するナイトマインドエンライテンダークネスフォースもないんだね。
それでも今までの装備(酔拳聖胴着闘神の酒壺魔神の左爪、命中106.0)なら、イクシオンロードやジェネラルといった上位イクシオン相手でも殆ど攻撃を外すことはなかった。
ところが、酒壺天の羽衣に、胴着キョンシーローブに交換したら命中−3で命中103.0。
これで途端に当たらなくなって、果てはフォアマンやチーフ相手にすら通常攻撃のミスが目立つようになった。
当然、ロードやジェネラル相手にゃそれ以上さ。
検証の直後は既に羽衣だったけど、キョンシーローブではなくチャイナドレスだったから命中は105.0。
この時はちゃんと当たってた。
つまり、エイシスイクシオン達に対する命中の境目は『103』くらいってことだ。

2016.01.21.103の境界線4.jpg
この時は偶然ダイアロスチャンピオンなんかも居たものだから、倒すのは少し骨が折れたっけ。
チャンピオン相手に決まり手がクロスカウンターってのは中々気分が良かったけどね。(笑)
おっと、話が逸れた。

それで、急に当たらなくなったって話をしていたら、身内のAさんが興味深いお話をされてね。
MoEの命中は、“ある一定のライン”を満たさないと急に当たらなくなるというんだ。
エイシスのイクシオン族らに関しては、この境界に当たるのが恐らく命中『103』くらいで、これより+1〜2はないと攻撃にミスが目立っちまうみたいなんだね。
勿論、数字をちゃんと録ったわけじゃあないんだけど、こんなにはっきりと肌に感じるとは驚いたよ。
あと、あたいは一つ勘違いをしていた。

2016.01.21.103の境界線5.jpg
チャイナドレスは確かに生地は薄いんだけど、ドレス着用時のあたいの酔拳聖は諸々装備込みで回避が107.0、これにドブロクも呑めば117だ。
キョンシーローブでは布こそ厚いけれど回避が101.0で敵の攻撃がガンガン当たってた
お酒を呑んだ状態(回避111)でもね。
回避111、これが今回もう一つの境界線だね。
同じ回避値の酔拳聖胴着ではさほど感じていなかったってことは、キョンシー装備で命中が下がって敵との交戦時間が長引いてたのも大きな要因なんだけど、キョンシー着用でも本気モードのワーウルフを解禁したら、上の写真の通り上位イクシオン集団でも圧倒出来た。
……ってことは、チャイナドレスはそれプラスどぶろくだけで上位イクシオンに対等以上の回避値だったってことになる。
勿論ワーウルフなしだと囲まれたら苦しかったけど、タイマンなら殆ど余裕で渡り合えたし、ロードとジェネラルの二人に囲まれて残りHP僅かの絶体絶命のピンチでも、センスレスの合間の3、4発の攻撃を悉く回避していたのだから逆に凄かったんだよ。

2016.01.21.103の境界線6.jpg
よく「盾優位、回避弱い」説を唱える御仁がいらっしゃるけど、それはきっとこうしたスペシャルな回避値までご自分の手で到達したことが無い方だとあたいは思うね。
まぁ、システム上MoEの回避はどんな弱い敵からでも一定の当たりを貰っちまうのは事実だし、盾・着こなし型の方が頻繁に戦ってるであろうボスらの命中やダメージの数字は「博識」でどれもこれも凄まじい数字だと分かっているから、それらが相手だと確かに回避型は厳しいんだけどさ。(苦笑)
ただ、多数の敵に囲まれたとき、回避型は意外に健闘するってくらいには頭に入れておいておくれ。
ん?何でそうまでしてワーウルフは使いたくないんだって?

2016.01.21.103の境界線7.jpg
だって、変身しちゃうばいーん綺麗なおみ足での華麗な蹴り技が拝めないじゃないか♬
つまりはあたいの我が儘
そういうことさね。(笑)

今夜のおまけ

キョンシーローブエイシスに向かってた途中で、海蛇相手に奮闘してる若葉さんをお見かけしてね。

2016.01.21.103の境界線8.jpg
あたいは生憎と強化魔法回復魔法もなかったけれど、ブラッドレインで多過ぎる蛇たちを引き付けたり、スパルタンフィストで回復したりと、牙酔拳聖でもやり方次第でちゃんと初心者さんの支援は出来るもんだなと思ったよ。
元々他所様のFS所属の方だったし、お手伝いしてお礼を頂戴してサラッと別れたけど、こういう出会いも良いもんだね。
えっ!?
構ってくれ初心者暇なんだ”の類型かって?
そ、そうともいうね。(笑)
それじゃ、あんたの日常が潤いますように。
今夜もダイアロスの月の下であんたと一献!!
posted by りか at 00:00| Comment(0) | Master of Epic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: