2015年11月03日

赤の廟堂と青の騎士

けほけほ……。
あ、いらっしゃい、お疲れ様。
どうぞくつろいでっておくれ。



さっきのかい?
うぅん、風邪ひいちまったかな。
何しろ昨日は冷えたからね。
まだ11月になったばかりだというのに篠突く雨が降って、12月並みの寒さだっていうじゃないか。
そりゃあたいが風邪をひきもするさね。
ま、今日からまたいいお天気が戻ってくるようだし、お洗濯物も期待できるかな?
そうそう、今日は文化の日だ。
お休みを頂ける方も多いだろうね。
あんたもそうなら、ゆっくり骨休めしておくれ。
ご注文を頂戴していいかい?
あぃ、熱燗だね。
今日の献立は……。
そうだ、たまにはクイズにしようか。(笑)
正解できたら、1皿サービスしてあげるよ。

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士1.jpg
これ、な〜んだ?
正解できたかい、流石あんただ。
先日スーパーに寄ったら『出汁で煮た大根』が売られていてびっくりしたけど、あたいはこうしてちゃんと昆布と一緒に水から煮てるからね。

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士2.jpg
具をどんどん追加して弱火で煮込めば……。

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士3.jpg
はい、おまちどうさん。
冬にぴったりあったかおでんだよ。
からしはお好み、冷めないうちに召し上がっとくれ。
あんたが食べてる間に少し話をしようか。
今夜の話題は『Master of Epic』だよ。
やや長いのと解説多めだけどその積りでお願いするね。

早速だけどあんた、赤バハ――赤の廟堂はご存じかい?
簡単に説明させて頂くと、あらゆる生命が死に絶え荒廃した雪原が広がるFutureAgeで、イルミナ城と一体化したイーゴの体内に広がる苛烈なダンジョンに挑むエリアだ。
拘束時間はおよそ1時間。
必ず5人1組のパーティで挑まなければならず、限られたリソースと時間の中で結束力や知識体力と状況判断力が試される。
上手くすれば宝箱から『時の石』を初めとするレアアイテムをくすねられるが、失敗すれば遥か上空から投げ落とされ、真っ白な雪原で血の染みになる。
そしてイーゴはそれを眺め、昏く乾いた感情僅かな愉悦で潤す――そんな場所さ。

わざとおどろおどろしく書いてみたけど、昔の赤バハはまさしくそんな場所だった。
だから、当時参加して以来忌避感があったり、気心の知れた身内でしか参加しない人も多い。
何しろ『時の石』という今でも中級課金品として居座るゲーム内アイテムが、課金ぬきで貰えるんだ。
ひょっとすると更に高額の『白狐面』や伝説と化した『レッドデビルウィング』すら。
今でこそそれに迫る性能、かつお洒落な装飾品が増えたから未だしも、実装初期に一攫千金を狙って目の血走った数多の荒くれ無法者が集ったのは想像に難くない。
いわばこれはダイアロスにおける“ゴールドラッシュ”だったわけさ。
だから、中には主催するにあたって構成やスキル値を問い質して、足りないと断ずれば除外する――そんな人もいた。
極めて利己的に、己がより確実に『時の石』を得るために。
これが結果的に赤バハ人口の減少に繋がり、やがて自分たちの首を絞めるとも考えられずにね。

ま、中には『生産者パーティで装備を取ろう!』みたいな和やかな雰囲気のもあったんだけどさ。
あぁ、今でこそ生産シップ装備は各生産ギルドと、其れから漏れたものはゼノ様が管理なさってるけど、その一部は昔は赤バハの宝箱でしか貰えなかったんだよ。
えっ、あたい
あたいはたまたま赤バハに熱心だったお友達がいただけさ。
そりゃあ儲かるのは嬉しかったけど、一緒に居て楽しい仲のいい連中と会えるっていうのの方が大きかったね。
そのお友達は居なくなってしまったけど、この島は『一期一会』の凝縮された島だ。
仕方ないと思ってるよ。
それに思い出は無くならないさ。(笑)

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士4.jpg
さて、前置きが長くなったけどここからが本題だよ。
赤バハに塗りたくられた怖ぁ〜いレッテルを、これから引き剥がしてやろうじゃないか。
先日のことさ。
あたいは身内Mさんの伝手で赤バハに参加していた。
完全な野良じゃないが、面子の半分は初顔合わせ
試験勉強があったから、ここを訪ねるのはおよそ半年ぶりだ。
相当のブランクがあったけど、てこ入れもされてないから内容は覚えてるはずさ。
先のイベントで手に入れた『ぷにこのペンダント』のお蔭で、パンデモスだけが通れない触手トラップ、通称“ぱんだトラップ”も通過できるしね。

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士5.jpg
ピンクのマル印がペットたち。)
強いて変わった事といえば、昔は殆ど見かけなかった強ペット連れの方が参加してたね。
だから、5人パーティなのにとっても賑やかだったよ。
順路のわからない新コースで、途中までは上手く行ってた。
けど、あたいがやらかしちまった

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士6.jpg
コンバイン、というMoBがいる。
種々雑多な死体を集めてくっつけ強化した、醜悪で奇怪な魔物だ。
ん、おるたん可愛いんじゃないかって?そりゃそうだよ、従順だからね。
その上位種にはコンバインソーサラー、更に上にボスに匹敵する実力を持つコンバインアブノーマルがいる。
これらと宝箱が一気に出現する部屋があるんだけど、クリアに際し幾つかの勝ちパターンがあってね。
一つは、非戦闘
スイッチだけ起動して、インヴィジブルファンガスの子守唄で敵をやり過ごして、宝箱を開けきったところで部屋の外にいる人がテレポートクロースで仲間を呼び戻すって奴。
もう一つが、殲滅
セイクリッドレクイエムとかで攻撃を封じるか、或いは圧倒的な火力をもってコンバインたちを殲滅せしめる方法だ。
今回取ったのは後者だった。

先に話した通り、コンバインにも種類がある。
だから殲滅といっても弱いものから順番に倒していくのがセオリーだ。
ところが、以前何度か超火力パーティで圧殺した経験のあったあたいは、こともあろうに手近に居たアブノさんに真っ先に手を出した。
徐々に形勢が悪くなって、でも全滅する前に残り時間がゼロになる方が早かった。
地獄の窯がぱっくりと口を開けて、あたいと仲間たちは雪原へと放り出され……。

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士7.jpg
ま、こういうことさ。
申し訳なくて仕方がなくってね、正直泣きそうだった。
だけど、身内Mさんがあたいのせいじゃないよと慰めて下さったし、この周で離脱された方も「あなたのせいじゃないから気にしないでください」といってくださったんだよ。
しくじれば物凄く居た堪れない雰囲気や、刺すような視線を感じた昔の赤バハとは偉い違いだ。
凄く、温かかったんだよ。
ま、そんな励ましの声を頂いて気を取り直したあたいは2周目も参加を決めてね。

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士8.jpg
件のアブノ部屋非戦闘で突破した。
この写真はやられちまったように見えるけど、その実は寝てるだけさ。(笑)
そうして行き着いた最終エリア。
一目見た皆から落胆の息が漏れた。
俗にいう“青騎士ルート”だったのさ。

今回解説ばかり挟んで済まないけどもうちょっと我慢しとくれ。
青騎士っていうのはエンチャントブルーナイト
先のコンバインアブノーマルに勝るとも劣らない化け物さ。
全体的に能力が高くて、倒せないわけじゃあないんだけど、倒しきる頃には時間が足りなくて落下してしまうことが多かったから忌み嫌われてるわけさね。
でも、このパーティ士気は高くて、実力もあった
Mさんがやや困難な左ルートを務めて下さって、あたいも含めた後の連中はどんどん進んで、ついに青騎士部屋へ到達。
あたいやもう御一方の弓使いが一匹ずつ手前からエンチャントナイトどもを釣って各個撃破。
ん?あたいの子はジャスティスタンクなんじゃないかって?
あぁ、弓ジャスタンなんだよ。
余り見ない構成だけど火力も出るからここじゃ都合がいいのさ。
それでとうとう部屋に押し入り、青騎士も討伐に成功。
左に行ったMさんテレポートクロースで呼び戻して、ついにゴールイン。
青騎士ルートクリアしたのは多分片手で数えるくらいなんだけど、その最新のものになったよ。

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士9.jpg
流石に夜も遅かったから、この日はこれで解散。
青騎士を討伐してクリアできたっていう達成感、何よりあたいにとっては汚名を返上できたってのが大きかったね。
1周目で離脱してたらきっとお布団を涙で濡らしてただろうけど、お陰様で気持ちよく眠る事が出来たさ。
Mさんも、ご一緒して下さった方もありがとう。
どうだい、赤バハも今はそう怖い場所じゃないだろ?
良かったらあんたも是非行って見ておくれ。
きっと程よい緊張感と、挫折敗北、或いは栄光が掴めるはずさね。

今夜のおまけ

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士10.jpg
そうそう、またお庭別の菊が咲いたんだよ。
折角だから飾らせて貰おうと思ってね。
今宵はこいつをに一杯いかがかえ?
あぁ、おでんの追加が欲しいのかい。
まさに“花より団子”だね。(笑)
どれがいいんだい?
ふんふん、大根と、、、ちくわと、、、こんにゃくだね。

2015.11.03赤の廟堂と青の騎士11.jpg
はい、おまちどうさん
それじゃ、あんたの日常が潤いますように。
今夜もダイアロスの月の下であんたと一献!!
posted by りか at 00:00| Comment(2) | Master of Epic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤の廟堂なら今でも時々通ってますよ。
…落下あげにね orz

一時期ウチのFSでも赤バハがはやったことがありました。
その頃は結構通いましたが今じゃさっぱりですね。
でも身内だけで行ってたのでバハの修羅場的な雰囲気はありませんでした。

しばらくぶりに行ってみたいなぁ…。
Posted by りっくん at 2015年11月03日 09:37
> りっくんさん

落下あげかい。(笑)
まぁ、高さが調整できるし実際便利ではあるね。

赤バハも黒バハも一過性でコンスタントに行くっていうのはリソース面も含めると結構難しかったりするからね。
でも修羅場を味わってないのは幸いだよ。
今思い出しても胸が悪くなりそうな空気だったからね。(苦笑)

いいんじゃないかい?
身内さんを誘って是非行っておいで。
Posted by りか at 2015年11月03日 17:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: