2013年06月02日

ラブミーテンダー

はぁ〜〜〜〜っ、……ん、あぁ、あんたかい。
いらっしゃい、こんばんわ。
今夜もお疲れさまだねぇ、まぁゆっくりしてっておくれよ。





はぁ〜〜〜〜っ、、、、
ん、あぁ、ごめんね。
実は先日、長い長い恋終わったのさ。
いや、単なる片思いだったのかも知れないね。

事の始まりは大学時代、彼にごにょごにょと告白して、一度振られてね。
だけれど、彼なりの優しさだったのか、度々映画とかに連れて行ってくれたのさ。
パンデモスやシュワちゃんみたいに立派な体躯が大好きなあたいだけれど、彼はただの中肉中背、やや痩せ形
それでも不思議と惹かれたのは、趣味も話も、概ね合ったから、あたいも居心地が良かったんだろうね。
いずれはこの人と一緒に成るかも知れない、なんて思っていたよ。

それが、仕事がお互い忙しくなって。
もう、その頃は薄々わかってたんだ、脈はないってね。
だからというのは理由に成らないかも知れないけれど、昨年末は仕事で知り合った別の人とクリスマスイブを過ごした
夜景の綺麗な所に連れて行って、あたいの冷えた小さな手を、暖かい大きな手でぎゅっとしてくれてね。
お互い、照れ臭いけれど見つめたり他愛ない話で笑いあって……たった一日だけれど夢の様だったよ。
周りもカップルだらけだったから、雰囲気的にそうなってもおかしくはなかったんだけれど、付き合って日が浅いからか、抱擁接吻とまでは行かなかったのが残念だったねぇ。
でも、年が明けたら人が変わった様にそっけないメール。
呆気ない幕切れだったねぇ。
振られた理由も良く解らなかったし、勿論寂しかったけれど、ほんの一時だけでも楽しい思いをさせてくれた彼には、感謝してる

それで、先日元彼(大学時代からの方)から久しく届いてなかった知らせが来て。
2時間もかけて選りすぐったプレゼントを携えて会ったわけだけれど、
決して冷たい訳じゃあないのに、反応は相変わらず
プレゼントは途中で開けて見てくれたけれど、驚くほど薄い反応だった。
あたい自身、会話していても薄っぺらな自分透けて見える様で、内心段々と辛くなってね。
あいつは「また次回宜しく〜」なんて事は言っていたけれど、手の一つも握っちゃあくれなかった
別れた後、「あぁ、終わったんだ」って思って。
体を引きずって帰って泥のように眠って今朝少し泣いたんだけれど、結局、彼にとってあたいは
都合のいい女』にも満たないただの友人』でしかなかったんじゃないか、そう思えてならないよ。
幾つか借り物があるからそれは返したいとは思うけれど、正直もう会いたいとは、思えない
あいつも義理で会ってくれただけなんだろうしね。

ま、そんな訳で、あたいは大失恋して抜け殻みたいなもんさ。
お客様にこんな話をしてる時点で、店の主人失格だとは思う。
『いい加減大人なんだ仕事は仕事恋愛は恋愛で割り切らなくっちゃあいけない』なんてのは理性じゃわかってる。
でもねぇ、、、中々こう、割り切れないんだよ。
今あたいの中には言葉じゃ表しきれないような寂寥感でいっぱいでね。

そんな訳で、前の記事へのお返事はもう少し待っておくれ、すまないねぇ。
もう少し、あたいの気持ちが落ち着いたら、ちゃんと書くからさ。
そうそう、タイミングの問題できちんと紹介して無かったお得意様も、追々、徐々にだけれど紹介していくつもりだから、もうちょっと待っていておくれ。

夢現(ゆめうつつ) 触れかけた手が 空(くう)を切り 蓋を開ければ 猫が鳴きらむ
シュレーディンガーの猫は、箱の中の方が幸せだったのか、それとも将来を見据えて歩きだせるのか。
今夜もダイアロスの月の下であんたと一献!!
posted by りか at 12:38| Comment(5) | 日常の欠片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
涙は心を浄化してくる心のシャワー。
泣きたい時は泣くに任せて明日に
向かってください。

次のページを楽しみにしてます。
Posted by D鯖住人 at 2013年06月03日 00:42
涙は心を浄化してくる心のシャワー。
泣きたい時は泣くに任せて
明日に向かってください。

次のページを楽しみにしてます。
Posted by D鯖住人 at 2013年06月03日 00:43
みんな知ってることだけど
失恋ってつらいよね。。。
でもちゃんと文章にできるっていうのが勇気だ!
あたしはとってもエライと思う!ぱちぱちぱち
Posted by き at 2013年06月03日 12:03
シュレディンガーの猫と違うのは、
誰かに生殺与奪の権利を与えられている訳ではなく、
自分で自分の行く末を決められることだと思います。

きるけっちと違ってりっくんは男性的な声の掛け方しかできませんが。
箱の中のネコより、自由に思った事を発言しているりかさんは
素晴らしい人格だと思うのです。
過去と他人は変えられません。
ですが、自分、そして何より未来は自分で決めて行くことができます。
全ては「りかさん」を形作る栄養になって行くはずですので、
元気になって下さい、とは言いません。
でもD鯖のお仲間や、このお店の常連さん達、少なくともりっくんは
(多分きるけっちも)りかさんに寄り添っております。
辛いことがあればいくらでもシェアして吐き出して楽になって
下さいね。
Posted by りっくん at 2013年06月03日 19:16
> D鯖住民さん

いらっしゃい!!
お陰様で、多少泣いたらすっきりしたよ。
次の記事がご期待に添えるように頑張るよ。

> きるけさん

ありがとう。
長く想い続けたものを諦めるのがこれほど心を痛めるものだとは思わなかったよ。
いや、若しかすると気付いていて気付かないふりをしていたのかも知れないね。
まぁ、形はどうあれひとまず「終わった」ことを良しとすべきかねぇ。

> りっくんさん

確かに、“猫”の場合は自身じゃどうにもならないから例えとして相応しくなかったかも知れないね。
安易に引き合いに出したことを、この場を借りてお詫び申し上げるよ。

りっくんさんやきるけさんをはじめ、沢山のお得意様方、或いはふらっといらしたお客様だって、あたいには付いて下さってる。
だから、あたいがちゃんと未来を切り開けるように、あたい自身が成長できるように頑張らないとね。
そうと決まれば、泣くのは止め止め!!
明日からまた元気に、仕事に精を出すよ。

それでもたまには、お互いに愚痴を言い合えるといいね。
ここは酒場なんだから、遠慮は言いっこなしだよ。(笑)
Posted by りか at 2013年06月04日 01:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: